解消!

眼の老眼現象を早く理解し視力回復してほしい

人は、老眼現象がはっきり現れた時ぐらいしか自らの眼の衰えを認識しません。

ですが、そうでなく老化はとっくにはじまっていて、それゆえに眼は「いたわってやるべき存在」だという事を理解し、視力回復してほしいのです。

「ゼロ」になると調節力はまったくきかなくなり、メガネ(老眼鏡)の幼けなくしては字が読めなくなります。

人間の眼の水晶体の老化現象のはじまりは30歳ぐらいですが、それは現象が顕著になる年齢であって、水晶体の弾力の衰え自体はじつは10歳前後から少しずつやってきます。

人によって多少の差はありますが、加齢による調節力低下は65歳近くまで進み、限りなく「ゼロ」に近づいていきます。

視力回復【アイ・トレーニング・コンプリートキット】

作曲家でありエッセイストとしても知られた團伊玖磨さん(1924~2001年)に老眼鏡をテーマにした楽しいエッセイがあります。

老眼の人は、読んだり書いたりするような近くを見る場合にはメガネをかけ、遠くを見る場合はメガネを外す。近眼の人は逆になる。

「二人の男が、近くを見るという同じ目的のために、全く反対の事を行うのを見て面白がっていた」團さんだったが「今や、僕は、この二人の片方の動作を行わなければ、楽譜、電話帳、新聞は愚か、手紙だろうが、請求書だろうが、雑誌だろうが、単行本だろうが、細字は勿論、大見出しや表紙さえ読む事が出来無いのである」

ちなみに、このエッセイのタイトルは「三日月眼鏡」で、大人気を博したシリーズ『パイプのけむり』に収録されています。同シリーズは延々と続きましたが、このエッセイは團さんが49歳のときのものです。

眼の老眼現象を早く理解し視力回復してほしい はコメントを受け付けていません。