解消!

株式投資に関わるTOPIXの特徴とは

株式投資に関わるTOPIXの特徴は、

①東証第一部の全銘柄を対象にするので、産業構成の変化や相場動向の変化を反映している指標となっています。
②銘柄の入れ替えによるデータの不連続性の発生を防ぐ事ができます。
③場合価総額で見た市場規模の動向が簡単にわかります。
④各銘柄の上場株式数をウエイトする為、品薄株、値嵩株の値動きに必要以上に影響を感じる事がありません。

等です。

東京証券取引所では、TOPIXのほか東証第一部上場の銘柄を業種別(33業種)、規模別(大型株、中型株、小型株)等に関してもTOPIXと同様の計算方式で算出・発表しています。

【てつやの株】片手間副業で毎月300万円の株式投資法

現在、以下の3種類の資格があり、それぞれについて試験があります。

1.一種外務員資格 証券会社が取り扱う金融商品すべてについて、営業活動ができます。株式(信用取引含む)・債券・投資信託・先物取引・オプション取引などです。

証券マンは、ほぼ100%この資格を取得しています。また、この資格がないと、取り扱う金融商品が限定されるので、資格のない証券マンは肩身の狭い想いをすることになります。

2.信用取引外務員資格

先物取引やオプション取引を除く、株式や債券などの現物取引と株式の信用取引です。証券レディのほとんどがこの資格を取得しています。

3.二種外務員資格

株式や債券などの現物取引に関する営業活動ができます。証券会社に入社すると、1カ月間ぐらい研修期間があり、その後、受験するのが「二種外務員資格試験」です。ほとんどの新入社員は1回の受験で合格します。

株式投資に関わるTOPIXの特徴とは はコメントを受け付けていません。