解消!

FX投資も高金利通貨の買いが基本

今やすっかり普及したFX(外為証拠金取引)は、その市場規模の拡大とともに為替相場に与える影響が無視できなくなってきています。

FXの「基本中の基本」の投資戦略は、高金利通貨を買うことです。為替の売買益に加えて、対象通貨の金利差に相当する“スワップポイント”(=買った通貨の受取金利-売った通貨の支払金利)の受払益が、投資家の損益となるからです。

ハイブリッド・トレード マスタースクール – 値引き!割引!最安値

FX相場が上がることもあれば下がることもあって、その売買益は(投資家の腕や運によりケース・パイ・ケースではあるが)平均的には概ねゼロと近似できます。

しかし、比較的高金利の通貨を買えばFX投資家はスワップポイントだけは着実に得られます。

政策金利を反映したマネー市場のO/N金利(翌日物金利)に基づき、対象2通貨の金利差であるスワップポイントが投資家に付与されるのです。

取引規模にレバレッジを効かせているため、日々のスワップポイントの受取額は「チリも積もれば…」の格言のごとく、投資収益に少なからず貢献しています。

Mr.BrainのFXハイブリッド・トレード・マスタースクール

各国の政策金利の動向は、FXのスワップポイントに影響を及ぼすため、日頃からチェックしておくと良いです。

FX投資も高金利通貨の買いが基本 はコメントを受け付けていません。